FC2ブログ
ポンポコのお腹(妊婦さん)に憧れ、 のほほ~んとしてるようにみせかけて、 実は結構焦って日々奮闘中の主婦のひとり言
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然の生命力。。。
2012年07月04日 (水) | 編集 |
毎日ジメジメ・・・シトシト・・・梅雨真っ最中。

ちょっとの晴れ間をみつけて大量のお洗濯。
少しでもお日様に!と庭に洗濯物を干しにでかけると
ドーン!!と目に入ってくる草ボーボー(-_-;)

嫌な雨降りも草花にとっては恵みの雨♪
この時季の草むしりはちっともはかどらないんです。。。
しゃがみこむとそこにはちっちゃな芽。
草も花もごちゃごちゃで、うじゃうじゃのちっちゃい芽。

でも、こんなにたくさん芽が出てもみんながみんな大きくなるわけじゃなく
密集しすぎてて大きくなれなかったり、虫に食べられたり、水切れで枯れたり
そんな中をたくましく成長して大きく花開くものもあるんだよね。

自然淘汰。
治療してると幾度と無く耳にする言葉。
自分のことだとなかなか納得いかなかったりするんだけど
自分のまわりにはごくごく当たり前に起こっていることだったりする。

草花だけじゃない・・・。
少し前に卵から孵化(?)した赤ちゃんカマキリたち。
それこそ庭にもベランダにもいっぱい姿が見えていて
「これ全部大きくなったらちょっと怖いかも?」なんて思ってたのに
今ではよ~く探してもみつからない時もある。
雨にうたれ、外敵に襲われ、小さくったって自分でごはんにありつかなきゃいけなくて
そして、そこを乗り越えれてやっと強いカマキリになれるんだ。

睡蓮鉢の中でもちっちゃな赤ちゃんメダカがチョロチョロ。
これだって、卵の時に運悪く親メダカに食べられちゃうこともある。
運良く(?)私にみつけてもらった卵は室内で大きくなるまで隔離されるので
狭いながらもぬくぬくと温室育ちになるわけだけど(笑)
そうじゃない子は一番最初に出会う敵が自分の親になるメダカだったりする。。。
自然の中だと敵はもっとたくさんいることだろう・・・。
運の強い子は上手く大きくなれるときもあるけど
狭い睡蓮鉢の中ではそれはかなり希なこと。。。

自然淘汰されながらも強くたくましく生き抜く子もいる!
自然淘汰されたからこそ強くたくましい子ができるのかな?

自然淘汰は仕方のないこと。。。

でも、ちょっとだけ生き抜くために手を差し伸べることは悪いことじゃない!

我が家のベランダのミモザとバラは今年の春にカイガラムシの被害にあって
みるみるうちに元気がなくなり、今にも枯れてしまいそうになっていた。
でも、カイガラムシを駆除して、新しい土を入れ、肥料をあげて・・・
そして、この梅雨の雨にうたれて、新芽をたっぷりと吹き始めました。

これもまた自然の生命力の強さだと思いました。

・・・。
何が言いたかったのか・・・思いつくままにダラダラと書き綴っていたら
さっぱりわからなくなってしまいましたが(^_^;)

とにかく自然の生命力ってすごい!
自然の生命力を間近に感じながら、私もその中のひとつとしてたくましく過ごしたいものです!!
・・・ということで、この梅雨のジメジメとした蒸し暑さも辛抱しなきゃねぇ(笑)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。