FC2ブログ
ポンポコのお腹(妊婦さん)に憧れ、 のほほ~んとしてるようにみせかけて、 実は結構焦って日々奮闘中の主婦のひとり言
久々の一泊旅行~二日目
2011年10月01日 (土) | 編集 |
台風が近づきつつあったので二日目は確実に雨だろうと覚悟していた今回の旅行
朝目覚めると意外にも窓の外には青空が広がっておりました!!

またまた長くなりますのでお時間ありましたら続きをどうぞ♪

朝ごはんは楽しみにしていた焼きたてパン食べ放題♪
ホテルの朝食
かわいい中庭を眺めながら、ついつい食べ過ぎてしまいました(笑)

朝ごはんをすませたら、ちゃちゃっと支度を整え早々にチェックアウト!
ぶさかわいい猫の置物
ユニークな表情のニャンコの置物がお見送りしてくれました♪

ホテルを出てまず最初に向かったのは前日しくじってしまった東光寺!
門も開いているし、早い時間にもかかわらず観光客(団体さん)もチラホラ
東光寺
なんとなく地元の曹源寺に雰囲気が似てる・・・かな?
なんてお喋りをしながら朝のお散歩は気持ちがいいです♪
一番奥まで行くと萩藩主毛利家の墓所があり、500基もの石灯籠が並んでいて圧倒されました
毛利家の奇数代藩主のお墓
まだまだこの日も夏の名残りたっぷりの暑い日でしたが
お寺の庭には萩の花が咲いていてちょっぴり秋を感じました
萩の花
朱色の門に白い萩の花が映えて綺麗です。。。

そして、次に向かったのは、これまた前日諦めた菊ヶ浜
菊ヶ浜
朝ですから、もちろん夕日は見られませんでしたけど^^;
それでもとっても綺麗な浜辺でした♪

萩で思い残すことは残りひとつ!!
夏みかんのソフトクリーム!!!
夏みかんソフトクリーム
・・・やっぱり食べなきゃねぇ(笑)
萩博物館(だったと思う)に行って夏みかんソフトクリームを堪能♪

とりあえず萩を満喫した・・・ということにしてここで萩とはさようなら・・・。
車に乗り込み次なる目的地の関門海峡を目指します!
車の運転は旦那サマにまかせっきりでドライブを満喫してるうちに
あっという間に関門海峡です!関門海峡大橋を渡るぞぉ~~~!!!
関門海峡大橋へ
そして読んで字の如し「海峡」・・・あっという間に門司に到着(笑)
門司
門司港レトロというだけあって雰囲気のある町(?)で、観光客もいっぱい!!

門司に来たというのに何故かお昼ごはんは下関の郷土料理「瓦そば」
瓦そば
これも旦那サマから話だけ聞いててどんなものか一回食べてみたかったんです(^_^;)
ホットプレートつかったらお家でも再現できそうかな♪

お昼ごはんの後は門司の町をフラリフラリと散策です。。。
さすが北九州!猫のオブジェが明太子抱えてます♪
明太子もった猫

レトロな雰囲気たっぷりの門司港駅
門司港駅

門司がバナナの叩き売りの発祥の地だってご存知ですか?
バナナ叩き売り発祥の地
私は全く知らなくて、旦那サマがバナナマンを探すって言ってもなんのことやら???
バナナマンらしい
どうやらこれがバナナマンらしい・・・この日はイベントに参加中!
この後着ぐるみバナナマン&ブラックバナナマンなんてのも登場してました^^;

SLも発見!
SL発見!

でもって散策して疲れた後は乾いた喉を潤して~♪
(おいおい・・・またかよ・・・ってツッコミまれそうですが気にしな~い・笑)
フルーツティー♪
アイスフルーツティーっていうからどんなのかと思って注文したらこれだった♪
もうめっちゃくちゃ美味しかった!!
海峡プラザの中にあるお土産屋さんがいっぱいのコーナーの一角のこのお店
ま、ここでいっか・・・くらいの感じで入ったのですが
どうやら洋菓子と紅茶のお店だったようでラッキー♪♪♪

門司でお昼ご飯とティータイムを満喫し、お土産もたんまり買って満足したら
次は関門海峡トンネルをくぐりぬけて下関へGO!!

まずはみもすそ川公園(関門トンネル人道入り口から道を挟んで反対側)
ここは来年の大河ドラマ平清盛にも大きく関わるであろう壇の浦古戦場址でもあります
壇の浦古戦場址
萩といいここ下関といい、山口は歴史が動いた時を感じさせるところが多い気がします!

すぐ近くの火の山公園から関門海峡を見下ろしてみました♪
火の山公園から見た関門海峡
やっぱり狭い!と改めて実感(笑)
お昼ごはんどこで食べたかまでわかりそうなくらい近くに門司が見えてました^^;

そしてこれまた近くの赤間神社へ・・・(ほぼ思いつき、というか通りすがり・笑)
赤間神宮
こちらには平家一門のお墓が。。。
平家一門のお墓
薄暗くなりつつあったのでちょっと雰囲気ありすぎでした(-_-;)

この後下関の駅前にて晩御飯(普通にとんかつ食べました・笑)を食べ
それから新下関の新幹線の駅に向かい、レンタカーを返却し、自宅へと・・・。

なんの下調べもせず、るるぶ片手にに行き当たりばったりの観光旅行でしたが
それはそれでなかなか楽しい思い出深い旅行となりました♪

長い間おつきあいいただいた皆様ありがとうございましたm(__)m
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する