ポンポコのお腹(妊婦さん)に憧れ、 のほほ~んとしてるようにみせかけて、 実は結構焦って日々奮闘中の主婦のひとり言
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶色いさん&赤いヤツさん登場?
2010年12月02日 (木) | 編集 |
胸の張り&痛みとバトンタッチした嫌な感じの痛み達
その後それはさらに嫌な状態になってしまいました

おりものにうっすらと血が混じった感じのものが出現
その後それは茶色いさんとなり
今はもう茶色っぽい赤いヤツさんが登場

このまま早々とリスタートしてしまうのか私のお腹?
移植してから1週間くらいでのWでの登場にショックです。。。

とりあえず病院に行って診てもらうしかない
でも・・・リスタートの雰囲気たっぷりで気が重い
落ち込んでる暇はない!
でも・・・やっぱり落ち込んでしまうものですね

スポンサーサイト
その後の体調
2010年12月01日 (水) | 編集 |
ドタバタだった11月が過ぎ、今日から12月
次は年末の慌しさが待っていますが
今はそのドタバタの狭間
しばしの間のんびりとまったりと過ごしたい

チビチビたまごちゃんをお腹に迎えて
隔日だった注射も今は2、3日おきとなり
腫れていた卵巣も今のところ悪化することなく大人しくしてくれてる
どうやら再び暴れだすとしたら判定日のあたりかららしい
今のところこれといって体調にこれといった変化も感じられない。。。
お腹の中でどういう結果に進んでいるにしても
今のところは順調・・・うん、順調と思っておこう

今周期いつもと違っていたのは胸の張り&痛み
採卵の前から始まった胸の張りと痛みはいつもよりひどかった
なのに・・・今朝起きたらそのひどい痛みが減っていて
かわりにやってきたのは骨盤あたりのだるさとお腹のどんより感
そして昨晩から続いている頭痛お薬飲めないからアイスノンと仲良ししまくり(笑)
この痛みのバトンタッチはあまり嬉しくないような気がしてならないんだけど

まぁそんなことを言っていても仕方がないので
今日も1日のんびりと、でも忙しく、でもまったりとを心がけて過ごします


さらに痛い注射の日々
2010年11月27日 (土) | 編集 |
IVF-BTとなんとか無事に終わり
再び注射の日々に逆戻り

卵巣が予想以上に腫れているので予定していたHCGではなく
かわりに注射することになった黄体ホルモン補充の注射
確か・・・プロゲスなんちゃら(忘れちゃいました・笑)

今までの連日の注射もほとんど肩で大丈夫だったので
(さすがに採卵前には青タンできてお尻に打ってもらったけど・・・)
今回も大丈夫だろうとなめてかかって肩に打ってもらったら

・・・ん?あれ?たいして痛くない?

い~え!!
それは注射をし終わった後にズド~ンとやってきました

今までの注射とは比べ物にならないくらいの鈍痛
もう腕が抜けちゃうんじゃないかと思うくらいの重さ
その日も、その次の日も、そのまた次の日も・・・
どんだけ腕を使ったんよっ!!ってくらいの筋肉痛に襲われ
なめてかかったことを深く反省し
次からはお尻に左右交互に打ってもらうことに決定
唯一の救いは毎日じゃないってことくらいかなぁ

でもこの痛さを乗り越えていったらいつかチビチビに会えるかもしれない
いや、今お腹にいてくれるチビチビがすくすく育つためなら!!
そう思えば多少の痛みは耐えられる!!・・・はず?(^▽^;)

チビチビ~!!かーかもがんばるからねっ
お腹の中には・・・♪
2010年11月26日 (金) | 編集 |
移植日当日
この日は朝から・・・いえ、前日、いや、もっと前から・・・
とにかく嬉しさやら不安やらがゴチャゴチャで落ち着きませんでした

病院でがんばってくれているはずのたまごちゃん達
どうしてるだろうか・・・ちゃんと育っているだろうか

当日になって「ダメでした・・・」なんてことはあるんだろうか
うん・・・あるかもしれない・・・覚悟はしとかなかきゃ・・・

いい事も悪いこともどんどんと浮かんでは消し、また浮かんできてはかき消し
そんなことを繰り返しているもんだから何にも手に付かない
正直お腹も痛くて(多分腫れてる卵巣のせいだと思う・・・)動くのが億劫

午後からの移植の時には膀胱に尿が溜まっている方が良いと言われたので
お昼に最後のトイレタイムをすませ、そこから2時間は我慢、我慢!
卵巣が腫れているからなのかここ数日トイレが近い。。。
なので結構辛いかと思いきや、頭の中アレコレといっぱいで尿意はどこへやら(* ̄m ̄)プッ

そしていよいよ病院へ!!

ちゃんと胚盤胞に育ってくれていたたまごちゃん達
そのうちの一人をお腹に迎えて、後の子達は凍結保存
育ってくれてありがとう♪いつかまたお迎えにくるからそれまでいい子にしててね!!
そんなことを思い、それまでの不安は一気になくなりました
後はひたすら嬉しくてワクワクドキドキ

エコーで確認しながら管を通して良い場所へたまごちゃんを戻してもらいます
途中で看護師さんが「これからたまごを連れてきてもらいますからね」と言ってくれた一言
「取ってくる」ではなく「連れてくる」というそのなんでもないような言葉が
ちゃんと私達の赤ちゃんになるたまごだと大事に思ってくれている感じがして
そんななんでもないような一言にまで幸せを感じてしまった

移植はあっという間に終わりその後30分くらい休んで
またまた痛い黄体ホルモンの補充の注射を一本
腕にしたときにあまりに痛かったので今回はお尻にお願いしました

お腹に手をあてて「一緒にお家に帰ろうね」「しっかりくっついてね」と話しかけ
この日は帰ってからはひたすらゴロリ~ン♪
今、確実に私のお腹の中にチビチビたまごがいてくれる
その幸せな気持ちにひたすらひたすら浸って過ごしました

ここから先はお腹のチビチビの生命力を信じて待つしかない
待つことをいっぱい強いられる親としての第一歩の経験をさせてもらいます!!


胚盤胞移植
2010年11月26日 (金) | 編集 |
今回初めてのIVFで先生が私に選んでくれた方法はロング法
そして採卵の結果から当初の予定通り移植は胚移植ではなく胚盤胞移植

私自身最初のうちは胚移植も胚盤胞移植も頭の中でゴッチャゴチャ
なんとなく理解できてきたのが採卵の頃だからなんてのんきなんでしょう

自分で理解している範囲でさらにとっても簡単に言えば
受精したたまごちゃんがすくすくと育つ過程(分割?)によって呼び名が違っていく?
そういう感じで私は受け止めています(違ってたらごめんなさいっ!)

胚移植と胚盤胞移植
どちらにもメリットもあればデメリットもあるようで
実際私の場合も採卵して受精してみてから先生が最終判断することになっていました。
なぜなら胚盤胞移植にはメリットはあるものの
受精したたまごちゃんたちがそこまで育ってくれなかった場合最悪移植キャンセル
それまでのがんばりはすべて無駄になってしまう可能性が。。。
なのでたまごちゃんの具合によっては急遽胚移植に切り替えると言われていました

採卵後の先生の判断は『胚盤胞移植』
先生のことは信頼してるし、自分達のたまごちゃんの力も信じてる
でも・・・このお腹に迎えるその日まで内心気が気でなかったのも本当です

幸い受精した6個のたまごちゃん達のうち3個が移植日当日には胚盤胞になっていました
そしてちょっと出遅れたのかのんびりさんが1個胚盤胞になろうとしていたようです。
残りの2個はあえて聞きませんでしたがきっとすくすくと育つことができなかったのでしょう
でも、がんばってくれてありがとう♪と全てのたまごちゃん達に伝えたいっ!!
そして3個のうちの1個が私のお腹に迎えられることになり
残りの子達が凍結保存となりました

大切な大切な私たちのチビチビに育っていって欲しいたまごちゃん
チビチビたまごちゃんを迎えた日のことはまた後程・・・。


お腹の痛み
2010年11月25日 (木) | 編集 |
採卵してからというもの続いているお腹の痛み
3日後の診察で原因は卵巣の腫れだということが判明
卵巣が腫れるかもしれないというのは予想していたこと
・・・とはいえ先生の予想を少し上回っていたようです

モニターに映し出された卵巣は黒い大きな丸がいくつも見えてて
サイズが80㎜オーバーと75㎜オーバーだったと思う

普通卵巣のサイズってどれくらいだっけ?
日頃卵胞や内膜のサイズは気にしてるけど卵巣なんて気にしたことがない

でもまぁ・・・腫れて大きくなってるには違いないから
もしかしたらここ数日の下腹ポッコリは単なる食べすぎじゃないのかも

幸い腹水はほとんど溜まっていないとのことだったので
経過を見ながら予定通り採卵から5日後に胚盤胞移植に決定!

受精していたたまごちゃんたちは6個
前日の状態ではどの子もすくすくと育っているとのことだったので
私はこれ以上卵巣を腫れさせないように(といってもどうすることもできないけど)
病院に預けた我が家のチビチビたまごたちは胚盤胞まですくすく育つように
ただただひたすら祈りながら移植の日を待つこととなりました


受精確認の電話
2010年11月24日 (水) | 編集 |
採卵日から2日後に電話をかけて受精確認

病院に置いてけぼりにしてきたたまごちゃん達と分身クン達
ちゃんと仲良くできたのだろうか?
もう採卵の時よりもさらにドキドキでした

「一昨日採卵してもらったよしふ~ですが・・・」
と言うとすぐに「あ、よしふ~さんですね~♪」と明るい看護師さんの声
その声でなんとなく、本当になんとなく「あ、大丈夫なのかな」と少し安心した私

そして看護師さんは先生からの伝言ですと言って
「順調ですからね~!!明日は予定通り診察と注射に来てくださいね♪」
と本当に明るく嬉しそうにおっしゃってくださって
思わず私は「よかったぁ。。。」とお礼を言う前に言ってしまいました
看護師さんも一緒に「よかったですね~!!」と喜んでくれている声
こういう何でもないようなことが実は一番治療を続けられる力になってたりする!
ここの病院で治療を続けて良かった!改めてそう思うここ数日

これで第二関門(第一関門は採卵だったかな?)もなんとか通過かなぁ。。。

とーともかーかもいない病院で一生懸命がんばってるチビチビのたまご達
本当に本当にありがとう!!とーともかーかもとっても幸せな気分です

・・・とはいえ、まだまだこの先には次々と難関が待ち受けてるはず
それでも旦那サマと一緒にチビチビと一緒にがんばるしかないのですっ!!


初めてだらけの採卵!!
2010年11月21日 (日) | 編集 |
初めての採卵はまさに初めてだらけの1日でした!

少々長くなりますので続きはお時間がある方
興味がある方のみどうぞご覧下さいm(._.*)mペコッ


[READ MORE...]
採卵まで!
2010年11月21日 (日) | 編集 |
ひとまずご報告
なんだかんだで無事に採卵が終りましたっ!!
簡単に表にまとめてみたのですが・・・見にくい?
見にくいとは思いますがよければご覧下さい
採卵まで
※1 内膜5㎜程度。卵胞左右で十数個の可能性 一番大きいので8㎜超。後は5,6㎜前後。
※2 内膜9mm程度。卵胞左右に6個ずつくらいで10mm前後。
   ちょっと育ちが悪いので採卵の予定変更の可能性大
※3 内膜12㎜程度。卵胞は左右に7個ずつくらい一番大きいのが16㎜超。後は14,5㎜前後。
   採卵スケジュールを変更。2日遅れることになる。
※4 内膜11㎜超程度。(あれ?減った?笑)卵胞は右8左6くらい。一番大きいので23㎜程度。
※5 採卵日については後日詳しく記事としてUP予定です!

とりあえず採卵できたたまごちゃんたちは9個
先生の予想よりは少し少なかったのですが私としては満足してます♪

採卵後もドタバタしており、お腹も張っていて集中力無し(* ̄m ̄)プッ
なので記事のUPがゆっくりになっておりますがお許しください。。。
採卵日のこと、受精確認など採卵後のことも追々記事にしていく予定です

ゆっくりでもいいすくすくと!
2010年11月15日 (月) | 編集 |
左右に7個ずつくらいのたまごちゃん達
予想よりもほんのちょっとですが育ち具合がゆっくり
なので当初のスケジュールよりも2日くらいずれることに決定

ゆっくりでもいいからすくすくとこのまま育ってね♪

ちなみにふかふかベッドは12㎜オーバーくらい
一番おっきなたまごちゃんが16㎜オーバーくらい
後は14,5㎜くらいだったかなぁ(^▽^;)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。